本文へスキップ

東広島市のカーショップ carfactory N-one

電話でのお問い合わせはTEL.082-401-3939

お問い合わせはこちら
トップページメンテナンス取扱いメーカーショップ紹介アクセス車両販売デモカーイベント結果ご報告オリジナル商品
デモカー 〜Demo car〜

carfactory N-oneのデモカー RX−7(FD3S)

デモカー
デモカー
[CONCEPT]
carfactory N-one ではエンジンはもちろんのこと、シャシーの作り込みを重要視しています。
どうすれば少ないストロークでタイヤの動きが感じ取れるのかを考えてこのクルマを仕上げました。
まずはボディ剛性をしっかり造り込むことによって余分な動きを減らし、アーム類も造り直し足廻りもしっかり手を加えました。
使用するタイヤはラジアルタイヤ(DUNLOP DIREZZA ZV)を主とし、サーキットで必要なスペックとストリートでの乗り味が両立するよう製作しました。
 重心が高くなることを嫌い、腰よりも低い位置に補強を加え、フロントエンドはバルクヘッドを貫通したパイプがストラットタワーへ接続することにより対角の捻れを最小限に抑えるよう製作。
ベダル類は踏み加減を調整し易く、低重心化へも期待できるオルガン式へ変更。
リアメンバーも補強を加え、バネやダンパーを固めた事による乗りにくさや軽量化で減少したストロークを補う為に、アームの取り付け位置を変更。
AUTOExeのメンバーブレースでさらに剛性アップ。
 ノーマル状態でも万歳をしているリアスタビは、ローダウンによりさらに角度がつきトーションバーのようにな ってしまいます。
これを防ぐためにリンクを反転させゲタも新設。
角度の適正化はスタビ本体がノーマルのままでもバランスの良さを体感。
メンバーと同様にアーム類もワンオフで製作
ワイドボディによって広がったトレッドの位置に合わせロアアー ムとドライブシャフトを約40mm延長してキングピン軸の位置をオフセット。
ワイトレによるトレッド拡大とキングピン軸の位置の拡大の違いをサーキットでテストしています。
フロントオーバーハングの軽量化はブレーキロックするというデメリットも。
その為、IDI製のパットとキャリパー交換でコントロール性をアップ。
ブレーキロックを回避しやすくなります。
タービンサイズをTRUST T78・29Dとし、細くなった中間トルクはブリッジで補う。
ブリッジポートを施しながらもフロントローターとリアローターの吸気オーバーラップ対策を行う事でストリ ートでの使いやすさと800rpmでのアイドリングが可能。

上記画像をクリックいただきますと拡大画像をご覧いただけます。

西日本エリアチャンピオンシップ タカタサーキット ペダル操作付きオンボードムービー
 タカタサーキット 車両.RX-7(FD3S) TIME.58.059 Driver.中田 明善 TIRE. DIREZZA ZV



information店舗情報


店舗外観


〒739-2101
広島県東広島市高屋町造賀3593-4
営業時間.9:00〜20:00
定休日.水曜日・レース日
→アクセス